Pocket

今回は秋山成勲(アキヤマヨシヒロ)さんについて紹介します。
秋山成勲といえば、総合格闘家で、柔道経験者。HEROE’S2006ライトヘビー級世界王者で、通称=魔王と呼ばれている、とても強い方です。
しかし、そんな強さの裏にはこんな疑惑がありました。

ヌルヌル事件?

事件は、2006年12月31日、K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!のメインイベントで起こりました。
対戦相手は、桜庭和志。勝負の結果は、秋山成勲さんのTKO勝ち。しかし、その試合中、桜庭選手はずっとレフェリーやセコンドへこう連呼していました。

「(秋山成勲が体に)何か付けてる!!」「すっごい滑るよ!!」「おかしい!!」

先程書いたように、試合は、レフェリーストップによって秋山成勲さんが勝利しましたが、桜庭選手は納得が出来ません。
激しく抗議し、その結果、正式に調査されることになりました。
その調査の結果、秋山成勲さんは重大な反則をしていたことが発覚しました。
これがかの有名な”ヌルヌル事件”です。
なんと、秋山成勲さんは体にワセリンを塗って試合をしていました。本人は「乾燥肌なのでいつも塗っている」と主張。
しかし、そもそもルール上では、体になにかを塗る事自体が禁止となっていたため、この試合はノーコンテストとなり、結果、秋山成勲さんのファイトマネーは没収、さらに、FEG主催大会への無期限出場停止となりました。
勝ちに執着するあまり、反則を犯してしまうのは、あってはならないことだと思います。
その後は、日本中から大バッシンクを受け、試合の度にブーイングに包まれるようになり、成績も振るわなくなっていきました。

スポンサードリンク

在日韓国人?

秋山成勲さんといえば、大阪市生野区出身ですが、この地区は、東の大久保、西の生野区、と言われるくらい在日韓国人(朝鮮人)が多い地区でもあります。
例に漏れず、秋山さんも在日韓国人四世で、旧名は”秋 成勲(チュ・ソンフン、ハングル:추성훈)”といいます。
現在は、日本に帰化して日本国籍を取得していますが、その後、韓国釜山アジア大会へ出場し、優勝した際に、韓国マスコミに対してこう答えています。

スポンサードリンク

「柔道のために日本国籍を取りはしたが、私は永遠に韓国人だ。私を声援してくれた同胞たちに感謝する」

このインタビューは、かえって韓国マスコミの反感を買い、批判・バッシングを受けることになってしまいました。

離婚していた?

秋山成勲さんと言えば2009年3月10日にモデルのSHIHOさんとの入籍を発表していますが、いろいろ調べてみると、離婚についての情報が出てきました。
しかし、自身のinstagramを見る限り、現在も家族とても仲良く、むしろお似合いの2人のように見えます。
SHIHOさんは秋山成勲さんのことを、「一緒にいて安心でき、いつでもどんな時でも私らしくいられる、頼りがいのある人」と表現しています。
よってこの噂は、秋山成勲さんが在日韓国人であることや、過去に反則をしていたことなどによるものではないかと感じました。
いまのところ、というかこの先も離婚することはなさそうです。

子供がすごいことに?

なにがすごいって、収入のこともありますが、その足の長さです。こちらの画像をご覧ください。
体の半分が足じゃないですか!これはきっと両親、とくにモデルのSHIHOさんの遺伝ではないかと思います。
また、韓国ではメディアデビューしており、韓国のスター達ももうメロメロ。BIGBANGのG-DRAGONにいたっては、自身のインスタグラムに”サランちゃん、僕も好きだよ”と綴っています。
この子の名前は”サランちゃん”といいます。明らかに韓国名っぽいなーと感じましたが、可愛らしい名前ですね。
見た感じ、お父さんにはあまり似ていないようなので、きっとお母さん似なのでしょう。
とすると、成長が楽しみでもありますね。

スポンサードリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます。
最近ではバラエティでも秋山成勲さんを見かけることも増えてきましたし、娘のサランちゃんの日本での活躍も楽しみですね!